WordPress(ワードプレス)の投稿画面で旧エディターに戻すプラグイン「Classic Editor」の設定方法

WordPress(ワードプレス)の投稿画面で旧エディターに戻すプラグイン「Classic Editor」の設定方法

スポンサーリンク



WordPress(ワードプレス)では2018年12月のバージョンWordPress5.0のアップデートで、これまで利用していた投稿などでの入力画面がまったく新しいデザインに変更となりました。
新しいエディター名は「Gutenberg(グーテンベルク)」です。
急に仕様の変更となり戸惑った方も多いと思います。

先日、仕事でWordPressを利用したサイトの引越し作業を行った際に、最新版のWordPressにアップデートしましたが、案の定記事の投稿で「使いにくい」や「うまく操作ができない」と言う事で、旧エディターに戻すためにこちらのプラグインを利用し戻しました。

その時の手順と方法を記事にまとめました。
※プラグインのインストールから有効化までとても簡単です。

1.「プラグイン」を選択

管理画面にログインした状態で左メニューより「プラグイン」を選択します。
「プラグイン」を選択

 

2.「新規追加」をクリック

上部の「プラグイン」の文字の右側に「新規追加」のボタンがありますのでクリックします。
「新規追加」をクリック

 

3.プラグインを検索

プラグインの並んだ画面が表示されます。
こちらに「Classic Editor」の表示が無ければ、右上に「プラグインの検索」窓がありますので、「Classic Editor」を入力します。
プラグインが表示されたら「今すぐインストール」をクリック。
プラグインを検索

 

4.プラグインを「有効化」

インストールが終わると「有効化」と表示されますので「有効化」をクリックします。
プラグインを「有効化」

 

5.プラグインを確認

再度「プラグイン」の画面に移動し「Classic Editor」がインストールされているか確認します。
画像のように表示されていれば問題ありません。
プラグインを確認

 

6.投稿画面で旧エディターに戻っているか確認

「投稿」画面に移動し「新規追加」をクリック。
旧エディタに戻っていれば完了です。
投稿画面で旧エディターに戻っているか確認

 

7.新.旧エディターの切り替え方法

今後はエディターの切り替えで「Classic Editor」「Gutenberg」どちらも利用可能です。
管理画面「設定」メニューより「投稿設定」を選択
新.旧エディターの切り替え方法

こちらの画面で「クラシックエディター」と「ブロックエディター」を自由に設定できます。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です