さくらサーバーでSSLの有効期限切れ?「https://」のURLでwebサイトに接続できない場合の対処法

さくらサーバーでSSLの有効期限切れ?「https://」のURLでwebサイトに接続できない場合の対処法

スポンサーリンク



今回はさくらインターネットサーバー無料SSL(Let’s Encrypt)の有効期限が切れてしまった?!そんな時の対処方法をご紹介。

さくらサーバーでは無料のSSL証明書(Let’s Encrypt)を利用することが可能です。
通常期限は3ヵ月間(90日)のため余裕をもって自動更新されますが、エラー等の何らかの理由で自動更新がおこなわれなかった際、SSLの有効期限が切れてしまいます。

SSLの有効期限が切れることで、これまで問題なく表示されていたwebサイトが、急に「https:」のURLで接続ができなくなります。

「https」のURLでwebサイトが表示されない

SSLの設定はきちんと行ったはずなのに…。
昨日までは見れてたのに!なぜ?
「https:」のURLでwebサイトに接続できない!!

【ポイント】
さくらインターネットに登録したメールに『無料SSL証明書 更新エラーについて』のメールが届いてないかもしっかり確認しましょう。

無料SSLの有効期限切れなどの理由で、webサイトが「https:」で接続できなくなった場合、現在設定中のSSLを削除し、再度無料SSLを申し込みます。

有効期限の切れたSSLを削除する手順

さくらサーバーのコントロールパネルにログインします。

サイドメニューにあるドメイン設定の「ドメイン/SSL設定」をクリックします。

ドメイン/SSL設定をクリック

 

対象ドメインの右側SSLの証明書項目部分にある「更新」をクリックします

右側SSLの証明書項目部分にある「更新」をクリック

 

SSL設定の全削除を行います

開いたページを下にスクロールし「SSL設定の全削除」をクリックします。

「SSL設定の全削除」をクリック

※次のページで再び確認があった場合でも「SSL設定の全削除」をクリックします。

SSL設定の削除完了

以上でSSL設定の削除完了です。

※状況によってはカスタマーサービスに連絡しなければならないケースもあるようですので、うまくいかない場合は「さくらのサポート情報」をご確認ください。

再び無料SSLを申込みします

削除後は、ドメイン一覧を確認し再び無料SSLを申込み設定しましょう。

「さくらインターネットサーバーで無料SSLの設定方法」はこちら
[]

※注意点
リダイレクト設定を行っている場合、さくらサーバーからメールが届くまでの期間サイトが表示されなくなります。

※「http:」でも表示されなくなりますので、焦らずメールを待ちましょう。

その間「https:」のURLで表示させることは可能なようですが、メールが届けば表示されますので、数十分から数時間程度メールが届くのを待ちましょう。

サーバーなどからのメールは、更新のお知らせ以外では、あまり気にすることないと思いますが、何か設定を行った場合は、設定したから終わりではなく、気にかけて確認する事も必要ですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です