WordPressのバックアップを簡単に取る方法「backWPup」プラグイン利用

WordPress(ワードプレス)のバックアップを簡単に取る方法「backWPup」プラグイン利用

スポンサーリンク



今回は、WordPressのバックアップを「backWPup」プラグインを利用して簡単に行う方法をご紹介。

バージョンアップを行う時や、カスタマイズする時など何かのトラブル防止のためバックアップは必要です。
WordPressでバックアップと聞くと難しそう、難易度が高そうと思っている方も多いと思いますが、
プラグイン「backWPup」を利用して簡単にバックアップを行っていきます。

※「backWPup」はWordPressのバックアップで定番のプラグインです。
特に今すぐにバックアップを取りたい方におすすめ!

 

「backWPup」プラグインをインストール

【公式サイト】BackWPup-WordPress Backup Plugin

BackWPup – WordPress Backup Plugin

WordPressの管理画面メニューからプラグインをインストールします。
「プラグイン」項目から「新規追加」をクリックします。

「新規追加」をクリック

右上の検索部分に「BackWPup」と入力します。
表示された「BackWPup-WordPress Backup Plugin」をインストールします。

「BackWPup-WordPress Backup Plugin」をインストール

インストールが終わりましたら「有効化」をクリックします。

「有効化」をクリック

「backWPup」プラグインの設定

プラグインを有効化した後、左側のメニューに「BackWPup」の項目が追加されます。
「BackWPup」の項目から「新規ジョブを追加」をクリックします。

「BackWPup」の項目から「新規ジョブを追加」をクリックします

バックアップの設定を行ないます

以下の2箇所を入力します。

ジョブの名前の箇所を「Backup」と入力 ※任意の名前でOKです。
バックアップファイルの保存方法を「フォルダーへバックアップ」にチェックを入れます。

バックアップファイルの保存方法は他も選べますが、使ってみて簡単で分かりやすい「フォルダーへバックアップ」を選びました。
今回は自動バックアップ等の設定はおこなわず手動で簡単にバックアップを行う設定をご紹介しております。
「Backup」プラグインでは毎日の他、毎週、毎月、など定期的に自動でバックアップを取ることも可能です。
設定方法はまた後日追加で書きますのでお待ちください。
今回はすぐバックアップを行います。

下に移動し、「変更を保存」をクリックします。

バックアップの設定(ジョブ)

バックアップを行います

左メニュー「BackWPup」の項目から「ジョブ」をクリックします。

「BackWPup」の項目から「ジョブ」をクリックします

「今すぐ実行」をクリックします。
※こちらの作業を行う事で手動でバックアップが実行されます。

「今すぐ実行」をクリックします

100%でバックアップが完了です。

100%でバックアップが完了です

バックアップファイルを確認します

左メニュー「BackWPup」の項目から「バックアップ」をクリックします。

「BackWPup」の項目から「バックアップ」をクリックします

バックアップファイルが表示されております。
※必要に応じてダウンロードを行います。

バックアップファイルが表示されております

バックアップされたデータはサーバー内の先程指定(作成)した「Backup」のフォルダ内にあります。
バックアップファイルをダウンロードしたい場合「ダウンロード」をクリックすることで、パソコン上にバックアップファイルをダウンロードすることができます。

以上でバックアップは完了です。
プラグインを利用することでWordPressの管理画面から簡単にバックアップを取ることができますので、
定期的なバックアップをおすすめします。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です