エックスサーバーでWordPress(ワードプレス)をインストールする方法(2022年2月版)

エックスサーバーでWordPress(ワードプレス)をインストールする方法(2022年2月版)

スポンサーリンク



今回はXserver(エックスサーバー)にWordPress(ワードプレス)をインストールする方法を画像付きでご紹介。
この記事内容は2022年2月に行い作成しました。

エックスサーバーの「簡単インストール」機能を利用しますので、初心者の方でも簡単にWordPressをインストールできます。

※この記事はエックスサーバーを利用した方向けの内容です。

WordPress簡単インストール機能では、事前にDB(データベース)の作成等の事前準備は必要ありません。
それでは、WordPress(ワードプレス)のインストールをはじめます!

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします

エックスサーバーのサーバーパネル(管理画面)にログインします

【サーバーパネル ログインURL】エックスサーバー新サーバーパネルログイン

エックスサーバーサーバーパネル新しいログインフォーム

ログインしましたらサーバーパネルの「WordPress」項目にある「WordPress簡単インストール」をクリックします。

WordPress簡単インストール

 

「ドメイン選択画面」が表示されたら、今回WordPress(ワードプレス)をインストールするドメイン名の右にある「選択する」をクリックします。

ドメイン選択

 

WordPress 簡単インストール画面が表示されましたら「WordPressインストール」タブをクリックします。

WordPressインストール

サイトURLやブログ名等を入力する画面が表示されますので、必要情報を入力します。
入力が完了しましたら「確認画面へ進む」をクリックします。

WordPressインストール設定 情報入力
【入力項目の説明】

・バージョン:こちらは対応可能な最新のWPバージョンが自動で表示されます。
・サイトURL:WPをインストールを行うドメインを選択します。
・ブログ名:ブログ名を入力します(※あとから変更可能です)
・ユーザー名:ユーザー名を入力します (※変更できません)
・パスワード:パスワードを入力します(※あとから変更可能です)
・メールアドレス:メールアドレスを入力します(※あとから変更可能です)
・キャッシュ自動削除:「ON」そのままでOK
・データベース:「自動でデータベースを生成する」そのままでOK

※サイトURL部分で「http://ドメイン名」/の後ろにある「 入力欄 」はサブデレクトリにワードプレスを設置したい場合のみ入力します。

選択したドメインでそのままワードプレスを表示させたい場合はそのまま未入力でOKです。
URL「http://ドメイン名/」(ドメイン直下)で運用したい場合はそのままで右側には何も入力しません。
ドメイン直下には既にサイトの情報がある場合など、ワードプレスをインストールする場所(フォルダ)を指定したい場合は「サブデレクトリ名」や「wp」を入力します。
URL「http://ドメイン名/wp/」(サブディレクトリ)で運用したい場合は右側の入力フォームに「wp」と入力します。
※「wp」はwordpressと判断するための名前です。

情報を入力しましたら「確認画面へ進む」をクリックします。

WordPressのインストール設定

 

入力内容の確認

入力内容に問題が無ければ「インストールする」をクリックします。

赤文字で『インストールを行うと、インストール先ディレクトリ内の「index.html」が削除されます。ご注意ください。』と表示されますが、インストールするドメインでホームページなどの運用を行っていなければそのまま進みます。

 

インストール完了

「WordPressのインストールが完了しました。」と表示されます。
こちらの情報はWordPress管理画面へのログインに必要な情報ですので、必ずメモを取っておきましょう。(メモ帳などにコピペがおすすめです。)

メモを取り終えたら「戻る」をクリックします。

インストール完了

 

※もしメモを取るのをわすれた場合でも、ユーザー名とパスワード以外の情報はサーバーパネルの「WordPress」項目にある「WordPress簡単インストール」から確認することができます。

 

WordPressをインストールしたサイトを確認

WordPressをインストールしたURLにアクセスし確認してみましょう。
WordPressの初期ページが表示ていれば、WordPressの設置は完了です。

WordPressをインストールしたサイトを確認

 

WordPressの管理画面にアクセス

サイトURLの後ろに「/wp-admin/」を追加します。http://ドメイン名/wp-admin/
または、先程メモを取った「管理画面URL」にアクセスします。

WordPressの管理画面にもアクセスしてみましょう

ログイン画面が表示されましたら「ユーザー名」と「パスワード」情報を入力しログインしてみましょう。

Wordpressログイン画面

設定完了

管理画面にログインできれば完了です。

Wordpress管理画面(ダッシュボード)ログイン

 

最後にリダイレクト(常時SSL化)を行います

http://●●●sample.com と https://●●●sample.com はドメインが同じなので同と思いますが、別サイト扱いになります。

「http:/●●●sample.com」にアクセスされた場合に「https://●●●sample.com」にリダイレクト(転送)されるように設定します。

「.htaccess」を使ってリダイレクト設定を行います。

↓こちらの記事を参考に設定しましょう。

【Xserver(エックスサーバー)で無料独自SSL(常時SSL化)の設定方法】

Xserver(エックスサーバー)で無料独自SSL(常時SSL化)の設定方法

Xserver(エックスサーバー)で無料独自SSL(常時SSL化)の設定方法

2019年11月4日

【Xserver(エックスサーバー)管理画面で行う「.htaccess」の編集方法】

Xserver(エックスサーバー)管理画面で行う「.htaccess」の編集方法

Xserver(エックスサーバー)管理画面で行う「.htaccess」の編集方法

2019年10月27日

 

おつかれさまでした。

以上で、エックスサーバーでWordPress(ワードプレス)をインストールする作業とSSLの設定(常時SSL化)は終了です。

WordPressの使い方はまた別記事でまとめますね。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。